しらたか平成蔵人考 

カテゴリ:酒( 7 )


蔵出しのご案内

b0080054_15343830.jpg
いよいよ蔵出しです。
皆さんご参加ください。

搾りたての新酒を楽しみましょう。
[PR]

by yeast139 | 2007-02-27 15:35 |

11幕 仕込み 2月17日

b0080054_10412657.jpg
仕込みに合わせたように、少し寒が戻ってきた先週の土曜日、11回目の仕込を行いました。
皆、なれたもので、手際よく蒸し米を冷やし、タンクに入れて櫂を突きます。
初回から参加の会員さんは、凛とした蔵人の風格を漂わせております。

蔵出しは、3月24日(土)です。
今年もいい酒が出来上がりますように!!
[PR]

by yeast139 | 2007-02-19 10:42 |

秋上がり予約受付中

b0080054_1813681.jpg先日の稲刈り後の「刈上げ直会」で、春に詰めた蔵人考をコップに注ぎ、目の高さでコップを揺すりながら、杜氏の七四郎社長が重大発言をした。
「今年の秋上がりは、今までで一番いい酒になるよ」
「少し濁って見えるのは、旨み成分のアミノ酸がタンパクに変化して浮遊しているからで、これを柿渋で固めて澱を引くとスッキリしたすごい酒になる」と言うのである。

ご注文は 
TEL 0238-85-3151  
mail kamogawa@jan.ne.jp
加茂川酒造 マリエさんまで

出荷予定は12月10日ごろになります。
[PR]

by yeast139 | 2006-11-22 18:03 |

秋上がりの秘密

稲刈り後の『直会』の席で、杜氏の鈴木七四郎が酒の講釈を述べた。
秋上がりについてである。
『直会』のテーブルに並んだのは、今春搾って瓶詰めしたものを冷蔵庫で保管していた、10幕の蔵人考である。
少し色が濃くなったようで、搾りたての若々しい角が取れて熟成が進んだ感じだ。
杜氏いわく。
『少し濁った感じがするのは、アミノ酸が淡白に変化し浮いているので、これからこれを柿渋を使って沈殿させ、オリを抜くとスッキリした最高の酒になる』とのこと。
秋上がりにはこのような一手間があったとは、今まで知りませんでした。
今まで出一番の酒になるとの折り紙が付きました。
楽しみです。
b0080054_102595.jpg

[PR]

by yeast139 | 2006-10-09 10:25 |

平成蔵人考第十幕の新酒

b0080054_111584.jpg第十幕の新酒が出来上がりました。

皆さんの感想はいかがですか?
初めて口にする重みで、とても贅沢な気分にさせます。
山菜のエグ味ととてもあいます。

この酒が時間に磨かれて、木枯らしが吹く頃にはどんな酒に仕上がるのか、とっても楽しみです。
[PR]

by yeast139 | 2006-06-07 11:02 |

酒米は『幻の米 さわのはな』

b0080054_1342558.jpg我々は、酒米に「さわのはな」を選び、無農薬有機栽培で育て酒を造っています。
肥料は堆肥と米糠、除草は合鴨と若干の人力です。
収穫目標、反当り6俵。隣の田んぼの60%採れたら大豊作です。
目標を下げ、土にストレスを与えないで栽培した米は、すばらしい酒米になります。

ところで、米の表示にカタカナ、平仮名、漢字が使われている事にお気づきでしたか?
カタカナは国の研究機関が開発したもの。平仮名は地方自治体が開発したもの。漢字は酒米です。
「コシヒカリ」は農水省の試験場が開発したもので、「さわのはな」は山形県尾花沢農業試験場が開発した銘品種です。
しかし、機械化農業に不向きな「さわのはな」はほとんど作付けされることがなくなり、種の確保もママならない「幻の米」となってしまいました。

しかし、この米で造った酒は『秋上がり』のすばらしい酒になるという情報を得、これを復活させ、」完全無農薬でしかも化学肥料ゼロの完全有機栽培で育てることにしました。(酒の勢いで)

「一番大変な除草はどうするの?」

「みんなでやれば大丈夫だよ」

「本当にみんな参加してくれる?」

「大丈夫 約束する」

こんな男同士の固い約束も、ものの見事に破り捨てられ、除草は30羽の合鴨クンが担当しております。
その合鴨を、蔵出しの時カモ鍋にして喰ってしまうとはなんてひどい奴等だ、と非難する者も皆無で、和やかにパーティーは続きました。

なんという無責任。
なんと軟弱なことか!!

でも、出来上がった酒は最高です。
特に、10幕の酒は最高です。
[PR]

by yeast139 | 2006-04-19 14:03 |

4月17日 平成蔵人考11幕スタート前夜

『しらたか平成蔵人考』が始まって、11回目の春を迎えました。
当初の厳しい掟は徐々に柔軟に解釈され、今では甚だ軟弱な仲間が都合の良い解釈で酒造りを続けていますが、結果的にすごい酒が出来上がっています。
『旨い酒が飲みたい』
この目的達成の為だけに発揮されるエネルギーは美しい。

こんな大人の遊びをレポートしますb0080054_12444295.jpg
[PR]

by yeast139 | 2006-04-17 12:51 |