しらたか平成蔵人考 

秋上がりの秘密

稲刈り後の『直会』の席で、杜氏の鈴木七四郎が酒の講釈を述べた。
秋上がりについてである。
『直会』のテーブルに並んだのは、今春搾って瓶詰めしたものを冷蔵庫で保管していた、10幕の蔵人考である。
少し色が濃くなったようで、搾りたての若々しい角が取れて熟成が進んだ感じだ。
杜氏いわく。
『少し濁った感じがするのは、アミノ酸が淡白に変化し浮いているので、これからこれを柿渋を使って沈殿させ、オリを抜くとスッキリした最高の酒になる』とのこと。
秋上がりにはこのような一手間があったとは、今まで知りませんでした。
今まで出一番の酒になるとの折り紙が付きました。
楽しみです。
b0080054_102595.jpg

[PR]

by yeast139 | 2006-10-09 10:25 |
<< サクラサク 9月30日 稲刈り >>